menu

お知らせ

総合教育研究棟(水産系)の竣工記念式典を実施

掲載日2019.7.11

ニュース


岩手大学は、岩手県、釜石市の全面的な協力のもと、三陸沿岸の主要産業である水産業の復興と、持続的な発展に資する高度専門人材の育成を行うことを目的に、釜石キャンパス内に総合教育研究棟(水産系)を整備しました。

完成を記念して、7月1日に竣工記念式典を実施しました。竣工記念式典では、岩手大学岩渕明学長が挨拶し、水産分野においても地域振興での貢献を目指すと表明しました。また、平井明成文部科学省大臣官房文教施設企画・防災部長(代読・藤井隆計画課長)、達増拓也岩手県知事(代読・千葉茂樹副知事)、野田武則釜石市長からご祝辞をいただいた後テープカットを行い、新たな教育研究施設の完成を祝しました。

竣工記念式典終了後には、教育研究棟内の見学の他、平井俊朗岩手大学三陸水産研究センター長からセンターで行っている研究の紹介を、釜石キャンパスで学んでいる農学部食料生産環境学科水産システム学コース4年生の学生からは自身の研究を紹介しました。

岩手大学は、総合教育研究棟(水産系)を人材育成の場としてだけでなく、漁協や企業等との共同研究や調査に活用することで、海洋・水産分野における研究活動の活性化をより促進させることを目指します。また、水産業の維持に向けて、沿岸地域の養殖技術と大学の人材育成を継続的にマッチングさせる仕組みも整備していく予定です。

本件に関する問い合わせ先:
総務広報課  
019-621-6015   kkoho@iwate-u.ac.jp