menu

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 2019年度表面技術協会東北支部研究発表会において物質化学コースの大学院生2名が...

2019年度表面技術協会東北支部研究発表会において物質化学コースの大学院生2名が最優秀発表賞、1名が優秀発表賞を受賞

掲載日2020.3.30

ニュース


2020年1月10日に岩手大学で開催された「2019年度表面技術協会東北支部研究発表会」(主催:表面技術協会東北支部)において、物質化学コースの大学院生2名が最優秀発表賞、1名が優秀発表賞を受賞しました。(受賞日:2020年1月10日)

◆最優秀発表賞

  受賞者: 藤島 凌(修士課程2年・応用電気化学研究室)
  発表者: 宇井幸一, 藤島 凌, 竹口竜弥, 上村祐也*, 津田哲哉*(*大阪大院工)
  題 目: バインダーに水溶性高分子を用いたアルミニウム二次電池用硫黄正極の放充電特性

  受賞者: 箕浦歩夢(修士課程1年・材料基礎化学研究室)
  発表者: 箕浦歩夢, 鈴木映一, 八代 仁, 永井久司*, 吉野一郎*(*不二越)
  題 目: TiN/SBRを用いたPEFC用ステンレス鋼セパレータの表面処理

 ◆優秀発表賞

  受賞者: 袖野美果(修士課程1年・表面反応化学研究室)
  発表者: 袖野美果, 加藤嵩介, 七尾英孝, 白井誠之
  題 目: 黒鉛層間白金ナノシート微粒子の調製と構造

 写真: 総合教育研究棟(化学系)棟前にて、鈴木一孝 支部長ならびに受賞者 (撮影日: 2020219日)

本件に関する問い合わせ先:
岩手大学 理工学部 化学コース   宇井幸一  
019-621-6340