Menu

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い経済的に困窮する学生への支援に伴う寄附のお願いについて

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、実家家計の悪化、アルバイトの減少等、大学生を取り巻く経済環境にも非常に大きな影響が出ています。岩手大学では、今般の新型コロナウイルスの問題を原因として、修学を断念する学生が出ることの無い様、イーハトーヴ基金を活用し、給付型奨学金を始めとした学生への支援を継続的に行っていきます。つきましては、皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  ≪ご寄附の際は、岩手大学イーハトーヴ基金特定基金『修学支援事業基金』をご指定下さい。≫

<支援のお願い(PDF)>

About the Fund基金の概要

 

岩手大学では、教育研究の充実はもとより、学生に対する修学支援の一層の推進を図るため、平成27年12月から「岩手大学イーハトーヴ基金」を創設致しました。本基金は、その使途をあらかじめ特定せず幅広く本学の教育研究支援及び学生支援にご寄附頂く「一般基金」と、その使途をあらかじめ特定したうえで、ご寄附をお願いする「特定基金」で構成され、これまで、企業・団体や個人の皆様など多くの方々からご支援をいただいております。

本学が目指す大学像実現のために創設いたしました「岩手大学イーハトーヴ基金」の趣旨をご理解いただき、卒業生、ご父母、教職員、そして本学に関係する多くの皆様方のご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

一般基金

  • 学生の海外派遣事業に対する支援
  • 本学外国人留学生に対する支援
  • 学生の課外活動に対する支援
  • 災害ボランティア活動、復興関連事業等に対する支援
  • その他、学長が大学の運営及び教育研究活動上、必要と認める事業に対する支援

特定基金

現在ご寄附可能な特定基金(事業)については、こちらのページをご覧ください。

Message from the President学長あいさつ

岩手大学は令和とともに創立70周年を迎え、これまでもこれからもより良い未来を創造する高等教育機関として「地域の知の府」そして「知識創造の場」として存在し続けていきます。学術文化の創造と幅広く深い教養と高い専門性を備えた人材の育成により、地域社会の文化の向上と国際社会の発展に貢献するために「岩手の"大地"と"ひと"と共に」を校是に掲げ、地域の持続的な発展に寄与するべく教育・研究・社会貢献活動を継続しています。そして地域に頼られ尊敬され愛される存在となるべく、学生、教職員の共考と協創(共に考え、協力して創る)によりONLY ONEの大学の実現を目指します。

特に2011年の東日本大震災以降は、被災県にある国立大学として地域の復興推進・支援を岩手大学に託されたミッションとして、その役割を果たしてきました。「震災復興・地域創生」「イノベーション創出」「グローバル人材育成」を機能強化の三つの柱として大学構成員の英知を結集し、人文社会科学部、教育学部、理工学部、そして農学部および関係する大学院が総体として教育・研究・社会貢献活動の充実・強化を図っています。そのためにも、卓越した研究力と高水準できめ細やかな大学教育を今後も維持する必要があり、そのための盤石な財政基盤の構築によるスピーディーな大学運営が必要とされています。

このような大学像の実現には、教育研究の充実支援はもとより学生に対する修学支援、特に経済的支援と海外派遣支援の一層の推進を図っていくことが重要であると考え「イーハトーヴ基金」を創設しました。本学で学ばれた卒業生の皆様をはじめ関係する多くの方々と共に、より良い未来創造を実現する岩手大学を創り上げていきたいと思っています。

何とぞ本趣旨をご理解いただき、卒業生、保護者、教職員、そして本学に関係する多くの皆様からの格別なご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

岩手大学長  小川 智

Topicsトピックス

スターダスト☆レビューの皆様から1,000万円のご寄附を頂きました

この度、スターダスト☆レビューの皆様から本学の震災復興に向けた取組に対し、1,000万円の義援金を「岩手大学イーハトーヴ基金」にご寄附頂きました。このことを受け、平成28年6月6日(月)陸前高田市コミュニティホールにおいて、スターダスト☆レビューの皆様への感謝状贈呈式、並びにア・カペラ&アコースティックフリーライブが開催されました。

ライブ冒頭のお時間をお借りし、本学岩渕学長からスターダスト☆レビューの皆様に感謝状を贈呈させて頂きました。併せて陸前高田市、釜石市等で復興支援活動を行っている本学の学生からも感謝の気持ちを込めて記念品を贈らせて頂きました。

その後のフリーライブでは、陸前高田市の皆様が客席を埋めるなか、「夢伝説」「今夜だけきっと」「木蘭の涙」をはじめ計13曲が披露されました。

なお、今回の寄附金については、「被災地の方々に直接届く支援を」というスターダスト☆レビューの皆様のご意向に沿い、本学が取り組む被災地における生活支援、コミュニティ再建支援、こころのケア及び教育支援等の取組に活用させていただきます。

スターダスト・レビューの東日本大震災復興支援活動にご協力頂いた皆様へ