menu

発熱等、風邪症状がある場合及び感染が疑われる場合

  • HOME
  • 発熱等、風邪症状がある場合及び感染が疑われる場合

発熱等、風邪症状がある場合及び感染が疑われる場合

風邪症状(熱がある(熱っぽい)、咳が出る、においを感じない等)や強い倦怠感、息苦しさがある時は大学を休み自宅待機してください。(自宅で静養をして外出は控える)

以下の自覚症状を確認し、WEBから「発熱報告」を行ってください(発熱報告を行うことで、欠席扱いにはなりません。)

・風邪症状(熱がある(熱っぽい)、咳が出る) 
・匂いや味覚の(明らかな)異常(熱の出ない鼻炎症状での嗅覚異常は除く)
・(いつもとは違う)強い倦怠感がある
・息苦しさがある

併せて自宅静養中は、健康観察を行い、「健康観察票・外出記録票」に記録してください。

健康観察票、外出記録票(日本語)(Excel)
健康観察票、外出記録票(日本語)

なお、体調に関する不安等がある場合は下記、コールセンターに電話でご相談ください。

●帰国者・接触者相談センター(症状がある場合)
 019-651-3175(全日 24時間))

●一般相談
 019-629-6085 (全日9:00~21:00)

●厚生労働省
 0120-565653 (全日9:00~21:00)

発症から4日未満で症状が消失した場合

発症から4日未満で症状が消失した場合は、症状消失日の翌日は、そのまま自宅待機とし、体調観察を継続してください。

その後、症状再発が無ければ、次の日(症状消失日の翌々日)から登校可能です。

帰国者・接触者相談センターへの相談目安

次のような症状がある場合はコールセンター「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談してください。

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある。
・重症化しやすい基礎疾患(※)がある方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある。
・上記以外でも発熱や咳など比較的軽い風邪症状が4日以上続いている。

なお、相談の結果、病院を受診した場合は、情報把握のため岩手大学保健管理センターにも電話でその旨を報告してください。

※基礎疾患とは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPDなど)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを服用している方

コールセンター
 ●帰国者・接触者相談センター(症状がある場合)
 019-651-3175(全日 24時間))

 ●一般相談
 019-629-6085 (全日9:00~21:00)

 ●厚生労働省 
 0120-565653 (全日9:00~21:00)


岩手大学保健管理センター 
  (平日8:30~17:15)019-621-6074・6550
   Email:hokan@iwate-u.ac.jp

新型コロナウイルス感染症と診断された場合

PCR検査の結果、新型コロナウイルス感染症と診断された学生・教職員は、登校禁止・就業禁止となります。

WEBから「罹患届」を、行ったうえで、主治医の指示に従って治療してください。

治療が完了(治癒)した後は、WEBから「治療完了届」を行ってください。

〇 発熱報告(WEB)

〇 健康観察票、外出記録票(日本語)(Excel)
  健康観察票、外出記録票(日本語)

〇 罹患届(WEB)

〇 治療完了届(WEB)

新型コロナウイルス感染症発生時の対応フローチャート

        • covid19_flowchart_202005.jpg(日本語)※R2.5.14更新
        • covid19_flowchart_eng_202005.jpg
          (英語)※R2.5.14更新