menu

自分が陽性と診断された場合

  • HOME
  • 自分が陽性と診断された場合

2⃣ 自分が陽性と診断された場合 フローチャート 2⃣参照

 陽性と診断された場合、自宅待機したうえで速やかに下記手続きを行ってください。

○ 陽性と診断された場合の手続き
  ① 自宅待機
  ② 電話報告
    平日(9~17時):保健管理センター(019-621-6550、019-621-6074)
    休日(9~17時):正門守衛室(019-621-6110)
    上記以外:自分で「濃厚接触該当者」に自宅待機をするよう連絡して、翌日、報告する
  ③ 学生は各授業科目のWebClassのメッセージ機能を使い、「新型コロナ陽性となった」と授業担当教員に
    報告、教職員は所属部署へ同様に報告
  ④ 「接触状況調査票」(学生) (教職員)を症状出現日(無症状の場合は検体採取日)の1週間前からの
    行動・接触歴(人との飲食、長時間一緒にいた人等)、体調について記入し提出
   ・ファイル名は『氏名』
   ・送信先メールアドレス 『kenkou(at)iwate-u.ac.jp』  「(at)」を「@」に変えて送信
  ⑤ 「濃厚接触該当者」に自宅待機し、ホームページを確認するよう伝える

 =濃厚接触者とは=
 陽性者の感染可能期間(陽性者の発症日(無症状の場合は検体採取日)3日前から
 入院(または宿泊療養等)するまでの期間)に接触のあった人のうち,以下の範囲に該当する方
  ・同居家族
  ・必要な感染予防策なしで陽性者と接触のあった方(会話,食事,カラオケ等)
  ・狭い空間での長時間の接触(車内・航空機内等の移動、アパート等での勉強やゲーム等)があった方
  ・適切な感染防護(マスクの着用など)なしに陽性者の看護もしくは介護をした方
  ・陽性者の気道分泌液もしくは体液などの汚染物に直接触れた可能性のある方


基本的療養期間
 
発症日から10日間(無症状の場合は検体採取日から7日間)経過、かつ、症状が軽快後72時間経過
した場合、療養が終了となります。

療養が終了した際の手続き
 保健所・大学から「療養の終了の指示」がありましたら、登校・出勤可能となります。
学生は授業担当教員へ「療養が終了した」とWebClassから報告、教職員は休暇の手続き※を行ってください。
自宅待機終了後1週間は、検温などの健康状態を観察し、人との飲食・アルバイト・部活動は禁止です。

※ 教職員の休暇の手続きについて
 ガルーンの職員ポータルの「安全衛生管理室からのお知らせ」の、教職員の勤務時間についての通知「新型コロナウイルス感染症に対する勤務時間の取扱いについて」をご確認ください。

療養終了後、症状が出現した場合
 自宅待機し、療養終了後であることを伝えたうえで、医療機関を受診し、その後、保健管理センターまで連絡してください。

(参考)
『陽性と診断された方へ』 盛岡市ホームページ
『陽性診断から療養終了までの流れ』 盛岡市ホームページ