menu

Movies国際交流のムービー

  • グローバルビレッジのEnglish Time紹介
  • 留学生紹介
  • 国際交流会館紹介
  • 岩手大学国際課とグローバルビレッジへの行き方

Students Voices留学した学生の声

student1

From BANGLADESH to Iwate University

ルーベン アハマドさん

RUBEL AHMED
総合科学研究科 理工学専攻(修士課程)

理工学部の学生であった私は、世界を牽引する日本のロボット分野で修士号を取得することを夢見ていました。そして、岩手大学への留学が叶い、岩手大学でたくさんの知識や貴重な経験を得るチャンスをいただきました。岩手大学での生活は毎日が新鮮で楽しいです。今は修士課程の学生ですが、博士号も岩手大学で取りたいと考えています。このような機会を与えてくださった岩手大学に心から感謝しています。研究室の先生は研究のことだけではなく、様々な面で手厚くサポートをしてくださります。また、日本人学生とは互いの文化や習慣などを尊重し合いながら、友情を深めています。この大学で学ぶことにより、世界で活躍できる自分を磨くことができると確信しています。 “Don’t give up. Chace your dream!”

student2

From JAPAN to CANADA & U.S.A.

江村 菜津子さん

NATSUKO EMURA
連合農学研究科(博士課程)

私は学部生の頃から研究者を目指しており、日頃から海外の研究を見てみたいという思いがありました。そこで、修士2年生の時にカナダのサスカチュワン大学とアメリカのマーサー大学に1年間の海外留学をしました。カナダでは語学研修、アメリカでは医学部の研究室でラボワークを行い、語学力や専門知識を習得しました。また、様々な国の人や文化に触れることで、日本を俯瞰的に見ることができ、グローバルな視点で物事を考えるようになりました。留学に至るまでは奨学金申請など準備がたくさんありましたが、岩手大学の先生や職員の方、友人などの助けを受けて留学することができました。岩手大学には奨学金のサポートや留学プログラムが多くあるので、留学に少しでも興味のある学生には、大学の制度を大いに利用して世界を体験してほしいです。

student3

From JAPAN to U.S.A.

熊谷 修平さん

SHUHEI KUMAGAI
教育学研究科(修士課程)

「尊敬される英語教師になる!」と決意したのは、高校生の時でした。私は大学3年次の後期に8ヶ月間、アメリカ・イリノイ州にあるノースセントラルカレッジで交換留学をしました。夢であった米国での学生生活を通して、より実際的で確かな英語力を培い、多文化経験を積みたかったからです。英語で学問を学んだ事や、米国らしいイベントに参加し、多様な文化背景をもつ方々と出会った事から、大きく成長する事が出来ました。帰国後はネパールで英語教員をし、卒業して県内の高校で講師経験を積みました。無事教員採用試験に合格し、2年間の猶予を頂いて現在は岩手大学教職大学院で学んでいます。岩手大学には、国・期間を問わず様々な留学プログラムがあります。留学志望者向けの講義や奨学金の支援も手厚く、世界に羽ばたく学生に心強い大学です。

student4

From VIETNAM to Iwate University

ドアン ホン フーンさん

DOAN HONG PHUONG
人文社会科学部

私はもともと岩手県にある日本語学校に通っていました。私にとって岩手県はすごく住みやすい所です。寒いけれど人々は優しくていつも心暖かく迎えてくれます。このような良さから岩手大学に入学することを決めました。大学では企業管理と企業経営の国際化を中心として学んでいます。企業や組織を運営・管理するための体系と理論を学びながら、企業経営の実態を理解し、さらに被災地である岩手県に対する復興対策に触れながら社会を見る目を養うことにつながるCSRも研究しています。岩手大学の良いところといえばグローバル化が進んでいる中、国際交流活動に参加でき、世界の異文化に触れる機会があることです。さらに先生方が優しく、留学生へのサポートもしっかりとしていて、日本での大学生活を安心して過ごせています。これは何よりもありがたいことです。