menu

お知らせ

平泉文化セミナー第65回例会の開催について (2022.7.24 )

掲載日2022.6.27

イベント


 岩手大学平泉文化研究センターでは、東アジアにおける総合的「平泉学」の構築を図るための一環として、平泉文化セミナーや講演会等を定期的に開催しております。
 今回の平泉文化セミナー第65回例会は、岩手大学平泉文化研究センターサテライト県立平泉世界遺産ガイダンスセンターにおいて、下記により開催しますので、ご都合のつく方はご参加ください。参加費は無料です。


                 記

1.日時 令和4年7月24日(日) 13:30~15:00

2.場所 岩手県立平泉世界遺産ガイダンスセンター 体験学習室・講座室
     (住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽108-1)

3.内容

講師:田中 成行 氏(岩手大学平泉文化研究センター客員准教授)

演題:『義経記』や能に描かれた義経と二人の妻(その2)

要旨:源義経についての多くは、彼の死後に創作された『義経記』などの文学作品や芸能によって語られている。その波乱の生涯において、二人の妻「白拍子の静御前」と「久我大臣の姫の北の方」が重要な役割を果たしている。今回は、久我大臣殿の姫君として京都に生まれ、乳人兼房に赤子の頃から大切に育てられ義経の妻となり、母となって義経とどう支えあったのかを『義経記』から読み取り、『おくのほそ道』「平泉」章段で随行した曽良の句「卯の花に兼房見ゆる白毛かな」の兼房にも言及する。

※当日受付。先着25名(新型コロナの感染状況により変更する場合があります。)

本件に関する問い合わせ先:
〒020-8550 盛岡市上田三丁目18-33   岩手大学平泉文化研究センター事務局  
019-621-6529   yoshisat@iwate-u.ac.jp