menu

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 令和3年度「いわて学びの改革研究事業研究成果報告書」を取りまとめました

令和3年度「いわて学びの改革研究事業研究成果報告書」を取りまとめました

掲載日2022.5.16

ニュース


このたび、岩手大学では岩手県からの委託事業(共同研究)「いわて学びの改革研究事業研究成果報告書」(令和3年度版)を取りまとめました。

本事業は、岩手県が推進している「いわて県民(2019-2028)」の一つ「新しい時代を切り拓くプロジェクト」-「学びの改革プロジェクト」を受け、岩手大学・岩手県教育委員会・岩手県立大学の三者が共同し、岩手大学が研究主幹機関として取り組んでいる事業です。具体的には、GIGA(Global and Innovation Gateway for All)スクール構想が推進される中、豊かな創造性を備え持続可能な新しい社会[Society5.0]の創り手となる児童生徒の育成を目指し、基礎的・基本的な知識および技能を確実に習得させつつ、ICTを活用した『主体的・対話的で深い学び』を実践・実証する事業(研究期間は令和2年度~令和4年度)です。

「いわて学びの改革研究事業研究成果報告書」(令和3年度版)は、本事業において研究協力校に指定している盛岡市立飯岡小・中学校、一戸町立一戸小・中学校、岩手県立盛岡第三、花巻北、水沢の3高校の取り組みを事例形式で取りまとめ、県内外の学校に成果を還元するものです。また、本報告書には令和3年10月23日(土)、本学教育学部附属小学校が公開した「FUZOKU GIGA」(後援:いわて学びの改革研究事業)の際に、参会者へ配布された資料も所収しています。

本件に関する問い合わせ先:
いわて学びの改革研究事業 研究主幹 (教育学部技術教育科)   宮川洋一   miyagawa@iwate-u.ac.jp  

いわて学びの改革研究事業 研究成果報告書 令和3年度版 目次