menu

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 中国華南理工大学との学術交流・学生交流協定を大学間協定に

中国華南理工大学との学術交流・学生交流協定を大学間協定に

掲載日2022.12.20

ニュース


岩手大学は中国華南理工大学と学術交流・学生交流に関する協定を部局間協定から大学間協定に拡大して締結しました。

華南理工大学との交流は2004年から正式にスタートし、18年間にわたり本学の理工学部と華南理工大学機械自動車工程学院を中心に、①研究者間の交流、②学生の相互の交換留学や短期国際研修、③本学の博士課程への学生受入、④国際会議の共同開催、⑤産学連携の実施などにおいて、実質的で充実した交流を展開してきました。
特に、研究交流では、華南理工大学機械自動車工程学院の康志新教授と本学平原英俊教授のフロンティア材料分野での交流が、両大学の研究力向上及び博士課程の人材育成に大きく貢献しました。

協定調印式は、新型コロナウイルス感染拡大によりオンラインでの開催となりました。華南理工大学から張立群学長、李衛青副学長、国際交流担当教職員のほか、2015年に本学理工学部特別研究学生として在籍した陳德馨(現中国曁南大学先進耐磨蝕機能材料研究院准教授)さんが同席し、卒業生代表として在学中の思い出についてご挨拶をいただきました。
本学からは、小川学長をはじめ、藪副学長(国際連携担当)、平原理工学部教授、国際課職員が出席し、小川学長から「両大学の協定は部局間から全学へと一歩高いレベルへと踏み出した。これまでの18年間の交流を基盤に、今後は交流分野をもっと広くし、研究交流はもちろん、世界で活躍する優秀な人材育成に力を入れていきたい」と意気込みを述べました。

本件に関する問い合わせ先:
国際課  
019-621-6076   iuic@iwate-u.ac.jp  

オンライン調印式