menu

日本学生支援機構奨学金

種類

第一種奨学金
(貸与 無利子)
特に優れた学生で、経済的理由により著しく修学が困難な人に貸与します。
第二種奨学金
(貸与 有利子)
在学中は無利子、卒業後は年3%を上限とする利子が付きます。第一種よりも緩やかな基準によって選考されます。
入学時特別増額貸与奨学金
(貸与 有利子)
第1学年において奨学金の貸与を受ける人は、希望により入学後第1回目の振込時に下表の金額を増額して貸与を受けることが出来ます。
給付奨学金 高等教育の修学支援新制度の基準を満たす人に支給されます。原則返還の必要はありません。

貸与月額・給付月額(令和2年4月1日~)

第一種(下記から選択できます)

学部平成29年度以前入学者 自宅通学:3万円、4.5万円 自宅外通学:3万円、5.1万円
平成30年度以降入学者 自宅通学:2万円、3万円、4.5万円 自宅外通学:2万円、3万円、4万円、5.1万円
大学院修士・博士前期課程 5万円、8.8万円
博士後期課程 8万円、12.2万円
貸与月額 対象 貸与月額
学部 平成29年度以前入学者 自宅通学:3万円、4.5万円 自宅外通学:3万円、5.1万円
学部 平成30年度以降入学者 自宅通学:2万円、3万円、4.5万円 自宅外通学:2万円、3万円、4万円、5.1万円
大学院 修士・博士前期課程 5万円、8.8万円
大学院 博士後期課程 8万円、12.2万円

第二種(下記から選択できます)

学 部 2万円から12万円のうち1万円単位で選択
大学院 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円

入学時特別増額貸与奨学金(下記から選択できます。)

学部・大学院 10万円、20万円、30万円、40万円、50万円

給付奨学金

第Ⅰ区分 自宅通学:29,200円、自宅外通学:66,700円            
第Ⅱ区分 自宅通学:19,500円、自宅外通学:44,500円
第Ⅲ区分 自宅通学:9,800円、 自宅外通学:22,300円

申請方法

定期採用(入学後に申請):学部生(新規に給付奨学金と授業料免除申請希望、または貸与奨学金申請希望の方)、大学院生

毎年4月に募集があります。募集説明会を開催し、申請書等を配布しますので掲示による指示に従ってください。
令和2年度は下記の日程で説明会を開催する予定です。

令和2年度定期採用説明会
日時:令和2年4月8日(水)
①14:00~15:00 給付奨学金希望者(給付と貸与併給希望者を含む)
②15:00~16:00 貸与奨学金のみ希望者
場所:学生センターC棟1階 GC1大講義室

予約採用(入学前に申請):学部生

大学入学前に高校等で申請、採用が決定されます。入学後「進学届」を大学に提出する必要があります。令和2年度入学者の方は下記日程に開催予定の説明会に出席してください。

令和2年度予約採用説明会
日時:令和2年4月7日(火)
①14:00〜15:00 対象:人文社会科学部、教育学部
②16:00〜17:00 対象:理工学部・農学部
場所:学生センターC棟2階 GC2大講義室

予約採用(入学前に申請):大学院生

入学する前に申請、採用が決定されます。申請時期は例年9月頃と12月頃を予定しています。大学院入学後「進学届」を大学に提出する必要があります。

緊急・応急採用(貸与)、家計急変採用(給付)

家計が急変した場合に随時申請できます。希望する場合は下記窓口までご相談下さい。

選考方法

大学で審査の上、日本学生支援機構に推薦した者を、同機構が審査し採用を決定します。

採用決定通知

日本学生支援機構から採用決定通知があり次第、掲示によりお知らせしますので、指示に従ってください。

奨学生としての義務

休学・退学・復学・留学等の異動があった時には必ず届け出て下さい。
本人及び保証人住所等の変更があった時には必ず届け出て下さい。
毎年、奨学金を継続するための手続き(奨学金継続願)がありますので、掲示による指示に従ってください。手続を怠ると奨学金が廃止になります。
成績不振の方は、奨学金を借りられなくなる場合(廃止)があります。成績不振にならないよう勉学に努めて下さい。

問い合わせ先:
学生支援課奨学グループ(学生センターA棟⑥番窓口)
TEL:019-621-6062
FAX:019-621-6066