menu

認証評価

認証評価等関係資料(自己評価書、評価報告書)

本学では、平成18年度及び平成25年度に独立行政法人大学評価・学位授与機構の実施する大学機関別認証評価を受け、 大学評価基準を満たしていると評価されました。
なお、平成18年度には、独立行政法人大学評価・学位授与機構の実施する選択的評価事項に係る評価を受けており、 「選択的評価事項A 研究活動の状況」 においては目的の達成状況が良好である、「選択的評価事項B 正規課程の学生以外に対する 教育サービスの状況」においては目的の達成状況が非常に優れていると評価されました。

大学機関別認証評価 [平成25年度実施]

大学機関別認証評価 [平成18年度実施]

選択的評価事項に係る評価 [平成18年度実施]


認証評価とは

根拠規定

学校教育法

第109条
2 大学は、前項の措置に加え、当該大学の教育研究等の総合的な状況について、政令で定める期間ごとに、 文部科学臣の認証を受けた者(以下「認証評価機関」という。)による評価(以下「認証評価」という。)を受けるものとする。(以下略)
3 専門職大学院を置く大学にあつては、前項に規定するもののほか、当該専門職大学院の設置の目的に照らし、 当該専門職大学院の教育課程、教員組織その他教育研究活動の状況について、政令で定める期間ごとに、認証評価を受けるものとする。(以下略)

目的

  • 認証評価機関が定める大学評価基準に基づき、大学を定期的に評価することにより、大学の教育研究活動等の質を保証すること。
  • 評価結果を各大学にフィードバックすることにより、各大学の教育研究活動等の改善に役立てること。
  • 大学の教育研究活動等の状況を明らかにし、それを社会に示すことにより、公共的な機関として大学が設置・運営されていることに ついて、広く国民の理解と支持が得られるよう支援・促進していくこと。

制度の概要

  • 認証評価機関が行う評価で、大学からの申請にもとづき、認証評価機関が定める基準を満たしているかどうかを評価する。

評価の実施時期

  • 大学機関別認証評価は、7年以内に一度評価を行う。
  • 専門職大学院認証評価は、5年以内に一度評価を行う。

関係規則

学校教育法施行令

第40条 法第109条第2項(法第123条において準用する場合を含む。)の政令で 定める期間は7年以内、法第109条第3項の政令で定める期間は5年以内とする。

独立行政法人大学改革支援・学位授与機構法

第16条 機構は、第3条の目的を達成するため、次の業務を行う。
大学等の教育研究水準の向上に資するため、大学等の教育研究活動等の状況について 評価を行い、その結果について、 当該大学等及びその設置者に提供し、並びに公表すること。
二〜七 (略)
2〜3