menu

評価室実施体制

評価室の目的・業務

目的

  • 教育研究等の活動状況について点検及び評価の実施並びに中期目標・中期計画の取り組みを行う。

業務

  • 定期的に大学全体の自己評価を実施する。
  • 中期目標・中期計画に係る実績報告書等を作成する。
  • 各種の外部評価・第三者評価に対して一元的に対応する。
  • 自己評価及び外部評価結果に基づき、評価結果をフィードバック(優れた点の伸長、改善すべき点を解決)することで大学発展に資するための全学的理解を形成する。

評価室規則

岩手大学評価室規則

(趣旨)
第1条 この規則は、国立大学法人岩手大学学則第28条の2の規定に基づき、岩手大学評価室(以下「評価室」という。)に関し、 必要な事項を定める。

(業務)
第2条 評価室は、次に掲げる業務を行う。

  1. 認証評価に係る自己評価書作成に関すること。
  2. 中期目標原案及び中期計画案の作成に関すること。
  3. 中期目標・中期計画に基づく年度計画案及び各事業年度に係る業務の実績報告書作成に関すること。
  4. 中期目標期間の業務実績報告書作成に関すること。
  5. その他自己点検評価及び外部評価に関すること。

(組織)
第3条 評価室は、次に掲げる者をもって組織する。

  1. 室長
  2. 専任教員
  3. 兼務教員
  4. 学務部長、研究・地域連携部長、法人運営部長及び法人運営部次長
  5. その他学長が必要と認めた者

(室長)
第4条 室長は、評価室全般の業務及び運営を統括する。
2 室長は、評価を担当する理事又は副学長をもって充てる。
3 室長に事故あるときは、室長があらかじめ指名する室員が、その職務を代理する。

(専任教員)
第5条 専任教員は、評価室の業務を処理する。
2 専任教員は、室長の申請に基づき、学長が任命する。

(兼任教員)
第6条 兼務教員は、専任教員と協力し、評価室の業務を処理する。
2 兼務教員は、各学部、連合農学研究科及び教育研究施設等(以下「学部等」という。)の専任教員のうちから、当該教員の所属する学部等の長の同意を得て、室長が推薦し、学長が任命する。
3 兼務教員の任期は2年とし、再任を妨げない。

(事務職員)
第7条 第3条第4号の室員は、専任教員及び兼任教員と協力し、評価室の業務を処理する。

(庶務)
第8条 評価室の庶務は、評価・分析室において処理する。

(雑則)
第9条 この規則に定めるもののほか、評価室に関し必要な事項は、別に定める。

附則
この規則は、平成19年4月1日から施行する。
附則
この規則は、平成20年6月18日から施行し、平成20年6月5日から適用する。
附則
この規則は、平成24年1月18日から施行する。
附則
この規則は、平成26年4月1日から施行する。
附則
この規則は、平成28年4月1日から施行する。
附則
この規則は、平成29年4月1日から施行する。
附則
この規則は、令和2年4月1日から施行する。

評価室名簿

R2.4.1現在

室長 理事(総務・企画・評価・広報担当)・副学長 藤代 博之
専任教員 評価室教授 大川 一毅
兼務教員 人文社会科学部准教授 中島 清隆
教育学部教授 中村 好則
理工学部教授 南 正昭
農学部教授 宇塚 雄次
連合農学研究科教授 比屋根 哲
教育推進機構 脇野 博
室員 学務部長 湯澤 麻起子
研究・地域連携部長 早川 浩之
法人運営部長 佐藤 美樹
法人運営部次長 阿部 幸治
室長 理事(総務・企画・評価・広報担当)・副学長 藤代 博之
専任教員 評価室教授 大川 一毅
兼務教員 人文社会科学部准教授 中島 清隆
兼務教員 教育学部准教授 中村 好則
兼務教員 理工学部教授 南 正昭
兼務教員 農学部教授 宇塚 雄次
兼務教員 教育推進機構教授 脇野 博
兼務教員 連合農学研究科教授 比屋根 哲
室員 学務部長 湯澤 麻起子
室員 研究・地域連携部長 早川 浩之
室員 法人運営部長 佐藤 美樹
室員 法人運営部次長 阿部 幸治

評価室の位置付け

hyoka_taisei1.png

評価実施体制

hyoka_taisei2.png